沙羅双樹として知られるナツツバキが、御所市稲宿の安楽寺で白い花を咲かせています。

DSC_0303

朝に咲いた花が夜には地面に落ちてしまう一日花で、そのはかなさから古くからナツツバキは沙羅双樹と呼ばれ、平家物語では「沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらわす」と、はかないものの例えとして記されています。

DSC_0349

DSC_0352