本日、葛城山でギフチョウの研修会があり、天然記念物であるギフチョウをみることができました。天然記念物であるギフチョウは、春の一時期だけに姿をみせることから「春の女神」とも呼ばれていますが、近年は生息数が減少しています。

img20240420_15232051

このような中で葛城山は貴重な生息地となっています。ギフチョウとともに幼虫の食草となるミヤコアオイを保護するため、現在ボランティアによる保護監視活動に取り組まれています。そのような努力のおかげで、見ごろを迎えたカタクリの花にギフチョウが姿をみせていました。

P1140059

P1140084