田原本町は「桃太郎のふるさと」を標ぼうされていますが、昨日は田原本町青垣生涯学習センターで「近代における桃太郎伝説の成立」という歴史講座が開催されました。

img20240225_19264333

講師の天理大学の齋藤教授は、犬山・岡山・高松といった桃太郎伝説の三大伝説地では、いずれも昭和の初めに伝説が生まれていることをまず説明されました。大正時代に人々の生活に余裕が生まれ、伝説や地名など郷土の伝統文化に関心を持ち始め、昭和初期に桃太郎を祀る神社や伝説を成立することになったのだとの指摘。つまり、桃太郎伝説は近世に成立したのだという結論を面白く聞かせていただきました。

img20240225_19245627